アクセスカウンタ

Bright Saturday

プロフィール

ブログ名
Bright Saturday
ブログ紹介
写真と家族とカングー
日々徒然なるままに
zoom RSS

おっさん顔

2007/07/01 18:22
四葉のクローバーを見つけたよ☆Dai-changです。

最近、酔っぱらった様な書き込みばかり(というか、実際酔って書いてるんですが)ですが、そんなこととは関係なくコドモは育っていたりします。

今日は若干天気が悪かったけどいつもの公園に出かけたりしました。ケントは糸の切れた凧のように歩き回って大変です。リサも油断出来ないし。

画像
(Ricoh GR Digital / Adobe Lightroom 1.0)
歩いてゆくよ何処までも


やっぱり女の子のリサより力は強いんだけど打たれ弱さもリサ以上で、何かと大泣きして大暴れで大変。最初が女の子でやっぱり良かったなぁ。最初からコレだと、親が持たないよ。

画像
(Olympus E-300 / Zuiko Digital 35mmMacroF3.5 / Adobe Lightroom 1.0)
やっぱり最後はコレです。ダチョウ倶楽部上島か・・・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


パクられすぎ 〜君のことだよ

2007/07/01 09:04
キリンジのニューシングル「君のことだよ」が6/25に出ましたね。
毎度よろしい感じでございます。
今回は高樹兄作曲/弟泰行作詞という名曲「雨は毛布のように」のパターンですね。

今回は楽曲配信のみつーことで、普段はあまり行かないiTunes Storeへ行っちゃったが運の付き。他にも色々と買っちゃいました。これだから普段は行かないようにしてるのですけどね。
そのリストは

Our Favourite Shop / The Style Council
Your Voice(sing with 土岐 麻子) / 中塚 武
Chocolate Soul Music / SWINGING POPSICLE

スタカンはもう13年くらい前からCD屋で見る度に買おうと思いながら買ってなかったんだよね。実はShout to the Topが彼らの曲だということも知らなかったのだけど(笑)、コーネリアスか誰かがスタカンと他の人のライブとどちらに行こうか迷ってたとかいう話をしてたのを(結局スタカン行ったんだっけか?)今でも覚えてたりする程度には気になってたので。

Shout to the Top以外は初めて聴く曲ばかりなんだけれど・・・どの曲も初めて聴いた様な感じがしないのは・・・ポール・ウェラーさん、パクられすぎです。今更ですみませんが。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


地球に優しい車を作る方法

2007/06/27 00:04
今や地球温暖化による環境破壊は現実的な脅威として語られるようになってきました。
温暖化ガスの発生源として無視出来ない割合を占めるのが自動車の排ガスです。愛する自動車が環境を破壊している、自動車愛好家の端くれである私もその状況に心を痛めているわけです。

そこでこれからも自動車を愛し続け、劇的に排出CO2量を減らす方法を考えてみました。単純に考えても2割は排出量を削減できるし、ハイブリッドとかと違って、開発費もほとんど掛からない、劇的に素敵なアイデアですよ。

そのアイデアを話す前に質問です。この15年ほどで自動車というのは何が劇的に進歩したでしょうか?
走り?居住性?乗り心地?うーん、15年前にはR32GT-Rも初代セルシオも存在したんですよ。まぁ確かに進歩したでしょうが、取り立てて言うほど進歩したとも思えません。

答えは安全性です。今の新型車は、軽だろうがミニバンだろうが、時速60kmオーバーでオフセットクラッシュさせてもほとんどキャビンは変形せずほぼ完璧に乗員を守るようになっています。15年ほど前は同様のテストにベンツやボルボのサルーンが散々な成績に終わったことをご存知ですか?

さて、前置きが長くなりましたが、本題のCO2削減の方法です。まぁお分かりのように、安全性をぜーんぶ捨てて軽い車を作るんですよ。

以前、興味本位で最近の車がどれくらい重くなったか調べたんですけど、同クラスでほぼ2割増しなんです。もちろん、全部安全性の為に大きく重くなったとは言いませんが、かなりのウェイトを占めてるのは間違いないでしょう。この15年の素材や設計技術の進歩を考えれば、受動安全を15年前のレベルにすれば2割以上は絶対軽くなるはず。単純すぎるかもしれないけれど、まぁ普通の条件なら軽くなった分だけ燃費も向上しますよ。何ならもう60年代の安全性レベルにしてエンジン出力も絞ればCO2排出量は半分くらいになるかもしれないな。素晴らしい。

もちろん、ぶつかったら死ぬ車になりますが、このままだと様々な異常気象が発生し、全地球規模で何千万という命が失われるかもしれないんですから、交通死亡事故が少しくらい増えるのは目をつぶりましょう。死にたくなければ安全運転すればいいんだし。

これぞ地球に優しく!(マクロな意味で)人にもやさしい未来の自動車!!
(全員無視)

画像

フランスの郵便局がカングーベースの電気自動車"Cleanova II"を採用とのこと。
乗りたいなぁ。同時に採用する一人乗りEVもキュートで楽しそう。
フランスの郵便局員が羨ましいぃ
記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0


Back to '80s

2007/06/17 16:35
梅雨はどこへ行ったやら。土日は天気がよかったですね。
昨日は伊丹空港を一望出来る公園、伊丹スカイパークへ行ってました。
まだ新しい公園で、半分くらいしか出来てない印象でしたけど、なかなか良かったです。
問題は日光を凌ぐ場所がほとんどないことでしょうか・・・。

画像
(Olympus E-300 & Adobe Lightroom 1.0)
お兄さんの格好、完全に80年代オタクファッション(笑)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダチア・ロガン

2007/06/04 21:55
多分、1年か1年半前だと思うけれど、日経新聞の「私の履歴書」というコーナーにルノーの前会長ルイ・シュバイツァー氏が書いていたことがあった(実は日経購読者)。いつもより真面目に読んでたのだけれど、最後の最後で触れられた、ある車に激しく反応してしまって、それまでの内容が飛んでしまってる(笑)。

それは、脅威の激安カー「ダチア・ロガン」。ブランドはルーマニアの子会社ダチアだけれど、開発は完全にルノーwith日産のアライアンス。今やジリ貧のルノーにおいて、唯一売り上げを伸ばしている車と言っても過言ではなかったりするそうで(関連記事はこちら)。

画像

この車、簡単に言えば、日産とのアライアンスで産まれた「Bプラットフォーム」を採用している小型セダンで、日産ではマーチ、キューブ、ティーダ(同ラティオ)、ノート、ルノーではモデュス、クリオ(日本名ルーテシア)、新トゥインゴなどと兄弟車ということになる。

まぁ、性能的にはどうということのないセダンだけれど、何より安い。ユーロ高の昨今、円に換算してしまうとインパクトないけれど、この車がデビューした頃のレートだと65万円くらいか?カローラとほぼ同じサイズでこの安さ。
この安さは賃金の安いルーマニアで作り、既存のパーツを寄せ集めまくった結果らしい。
元々は東欧諸国向けの企画らしいけど、本国やドイツ、イタリアでも売ってるみたい。

とまぁ、正直そんなことは僕にはどうでも良かったりする。僕がこの車に惹き付けられるのは、その質実剛健さにある。何せ、見た目などはなりふり構わず安く作り、でもルノーだから肝心な所は手を抜いていないらしく、走行性能はかなり評価高い。パッケージも、昨今の欧州車の流行(デザイン重視でパッケージ無視)とは180度違う、角張ったキャビンで広々室内。いやもう素晴らしい。

これこそ昔ながらの欧州小型車じゃないですか。
不細工な格好だし「帰ってきたプジョー309」と言ったところか(笑)。

そして、思惑を超えて先進国でもバカ売れ。嬉しいじゃないですか、バブルで踊ってるヨーロッパからは、もう僕の大好きな質素で素敵な小型車は消えていくと思ってたから。

気が付けば7人乗りワゴンも登場とのこと。これは普通にカッコいいし高いから興味ないけど(笑)。

画像
(Ricoh GR-Digital & Adobe Lightroom 1.0)
例によって全く関係ない写真でスマソ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


子供のために・・・

2007/06/03 20:15
先日、久しぶりにチャイルドエアバッグ(子供を抱えて乗ってることを揶揄する表現)な人を見かけて、まだまだいるんだなぁと思ってたらこんなニュースが・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070603-00000504-yom-soci

やりきれないなぁ。
ハッキリ言って、チャイルドシートしてないと軽微な事故でも死ぬ可能性が高い。
車の丈夫さとか安全装備とか関係ない。ガラス割って飛び出すこともあるんだから。

どんなに泣こうがわめこうが、子供はチャイルドシートに座らせること。
親としての責務ですコレは。

ちなみにカングーは二つチャイルドシート付けても大人が一人リアに座れるのが便利。
eriさんは何度かリアで子守りしてました。


 3日午前11時5分ごろ、滋賀県湖南市岩根の市道交差点で、同県栗東市大橋、主婦荒木規子さん(38)運転のワゴン車と、湖南市下田、信用組合職員上西忠さん(54)運転の軽乗用車が出合い頭に衝突。

 荒木さんの車の2列目シートに座っていた長女の幼稚園児、夏美ちゃん(4)が、割れたガラス窓から車外に放り出され、横転したワゴン車の下敷きになって間もなく死亡した。上西さんと妻(43)は腰を打って軽傷。

 現場付近は塀があって見通しが悪く、信号機のない交差点。甲賀署の調べでは、荒木さんの車にチャイルドシートは取り付けられていなかったという。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


久しぶりの遠出

2007/05/27 21:34
今日は天気も良かったので奈良県にある農業公園信貴山のどか村というところへ行ってきました。ここはケントが産まれる以前に行った事はあるんですが、結構良かったので。

画像
(SANYO DMX-CA6 & Adobe Lightroom 1.0)
一番の目的はイチゴ狩り。なかなか美味しいけれどハウス内が暑すぎて、
制限時間が来る前にほとんどの人が外に出ていたりしてました(笑)。


親子4人である程度の遠出というのは随分と久しぶりの様な気がします。新年に入ってから法事とかあったし、GW以降もリサとケントが交互に体調崩して、なかなか遠出はできなかったもんなぁ。写真もムービーもそこそこ撮ったけど、小さな子供が二人いるとしんどいねぇ。

画像
(Olympus E-300 & Adobe Lightroom1.0)
リサはお姉さんっぽく振る舞おうとしますが、ケントは関係なく攻撃するので
すぐリサがキレてケントが泣くというパターンを繰り返してます(涙)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生命、宇宙、そして万物についての答え

2007/05/19 23:08
いつもはiTunes自体iPodに転送する時くらいしか立ち上げることがないので、iTunes storeにアクセスするなんて滅多にないんです。
だのに、気まぐれにアクセスしてみたら、Level42のベスト盤がニューリリースの欄にあるじゃないですか。すげーな、こんなの今だに聴く人いるのか。

Level42、1980年代中盤に活躍したUKのファンク・フュージョンバンド。Dai-changは全盛期のアルバムの一つ、"Running in the family"をレンタルレコードで借りてダビングしたテープを(肝心のRunning in the familyで針が飛んだまま録音していたにもかかわらず)擦り切れるほど聴いていたのですよ。リスニング環境がCDに以降する頃には趣味が邦楽にシフトしてテープも捨ててしまったため、長らく耳にする事はなかったのですが・・・。

ああ、懐かしいなぁ、と試聴してる内に気がつくとRunning in the familyアルバム全曲(CD持ってる次作とセットだったので仕方なく1曲ずつ)ダウンロードしてました(苦笑)。ほとんど20年ぶり位に聴く曲ばかりなのに、ほぼ完璧に覚えてたよ(汗)。うーん、あの頃は本当に真剣に音楽聴いてたんだなぁ。

冷静になれば、巧いけど正直ダサいアレンジだし、エバーグリーンな名曲揃いってなわけでもないんだけれど、昔を懐かしむ年になっちゃったのかな。メロとコードワークは今だ個人的ツボにハマるけどね。

次はドリームアカデミーとかダウンロードしてしまいそうで怖いDai-changであった・・・。

画像
(Olympus E-300 ZD35mmF3.5macro & Adobe Lightroom)
全く関係ない写真で申し訳ない。
だいぶ前の撮影だけど、改めて見たらピンに問題あるけどカッコいいな、と。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


徒然近況

2007/05/17 22:30
お久しぶりです。
相変わらず、仕事は忙しく更新の気力がないこの頃です。
今日から、嫁と子供が中津川の実家に帰ってるので、ちょっと時間はあるので書いてますけど。

リサとケントは、最近カゼや嘔吐下痢症など病気がちでした。リサはこれまで病気らしい病気をあまりしてこなかったのですけど、さすがに幼稚園に行くようになると、色々と病原菌に触れる機会が増えるということなんでしょうね。結局、そのおかげで今回のフレンチフレンチも行けずじまい。一人で行っても面白くないのでねぇ。

カングーはといえば、相変わらず何もなく好調で、今は嫁が乗って帰ってますけど、何の問題もなかったようです。もうすぐ5000kmですね。
そういえば、最初はちょっと油断するとエンストしてましたが、最近はラフにクラッチ繋いでも、ほとんどエンストしなくなりましたね。慣らしが進んだ効果なんでしょうか。この辺りは、新しい設計のエンジンとはいえ、欧州車らしいところが残ってるようです。デミオなんかは、慣らしの効果とかほとんど体感出来なかったですが(笑)。

写真の方は・・・ほとんど撮ってません(汗)。さすがにヤバいと思って、今週の日曜日、早起きして皆が目覚める前に近所を散歩して写真撮ってました。撮らないと、腕も落ちると言いますし(そもそも落ちるほどの腕があったのかという突っ込みはなし)。

画像
(Olympus E-300 ZD35mmF3.5macro &Adobe Lightroom)
こういう写真は久しぶりに撮った気がする。思わずモノクロ変換してみたり


そうそう、Olympus E-410をちょっと店頭で触ってみました。意外に軽さは感じないけれど、いい感じ。でも、やっぱり欲しいと思うほどじゃなかったなぁ。露出補正がやりやすくなってるのは非常にいいけれど。個人的にはE-510が気になる。やっぱり手ぶれ補正はあった方がいいもんなぁ。

とはいうものの、改めて感じたのはE-300の質感の良さ。やはり本体よりレンズに金を掛けるべきか・・・。思い直してズミルックス行っとくか・・・ってオイ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ETC補足

2007/05/03 10:43
ETCですが、取り付けは尼崎のスーパーオートバックスでした。
電波を通さないカングーのフロントガラスの事も分かっていたようで、何も言わなくても(忘れてた)ガラス上部中央の部分にアンテナ付けてました。
パンダ買った頃は、カーショップのほとんどは輸入車ダメだったけれど、隔世の感ありますねぇ。

ちなみに尼崎のスーパーオートバックスって他の同店と比べて、品揃えとか独特な感じ。
異常なまでにチャイルドシートの扱いが少なかったりするのは(西松屋以下)土地柄なのか(笑)。

昨日からリサが嘔吐と下痢です。何故かGWが今日で終了のDai-changは、どこへも出かけられずヘコんでます(^^;

DMX-CA6ですが、起動が速いし気楽なんで、日常を撮るのに適してます。ある程度、溜まったらiMovieで編集してみようっと。

とりあえずは、写真の作例。あくまで普通のコンデジ画像だけれど、マクロに強いのはいいね。

画像
DMX-CA6 & Adobe Lightroom 1.0
LRは細かく調整出来るから、ストレートフォト派ならJPEG画像でもエレメンツより使える。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GWの諸々

2007/04/30 23:01
ゴールデンウィークに突入しましたが、我が家はあまりそれっぽい雰囲気になっていなかったりします。そういえば、初日に従姉妹の結婚式に出たりしました。従姉妹は一応職業カメラマン。小柄な体でEOS-1D振り回してました。いつもながら、僕の機材は室内撮影に弱いものばかりで、こういう時はモチベーション下がり気味。やっぱりいい写真撮れなかったな。EOS7でも引っ張りだせば良かったか?

列席者にist-DにDAレンズのパンケーキを付けてる人がいて、ペンタはいいなぁとか思ったのは内緒。

遠出はしてないけれど、チョコチョコと買い物とかには行ってます。ブログのネタ的には、まずカングーのカンちゃんにETCを付けました。Dai-chang家はそれほど高速を使う訳じゃないんだけれど、何故か嫁が思い立って付けようと言い出したので。ま、ゴルフとか行くときに楽でいいです。エンジン掛ける度に「カードを挿入して下さい」とか言うのがウザいけど(かと言って、切ってしまうと肝心なときにカード忘れそうだし・・・)

画像
取り付け場所の検証中の写真。実際にはもう少し手前に取り付きました。

そして本日、念願のムービー買いました。と言っても、中身はデジカメのXacti DMX-CA6ですが。防滴なんで、ケントのヨダレ攻撃に耐える事ができるはず(笑)。

画像
ポップなオレンジ&ホワイトをチョイス。Dai-changはオレンジ好き

正直、画質とかどうでもいいです。リコーのダメ動画に慣れてるんで、これでも十分に素敵なムービー撮れますよ。リサが小学校に上がるくらいまでは活躍してくれるでしょう。ちなみにヨドバシ梅田で3万円切ってました。インプレとかは、少し使い込んでから書こうかな。モデル末期だし、あまり意味ないとは思うけど。

画像
(Olympus E-300 & Adobe Lightroom1.0)

GW入ってから天気がいいです。ちょっと公園で遊んだりはしてますよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


「人と違う」ことに価値なんてありはしない

2007/04/22 18:09
以前にも(旧ブラサタ日記で)書いた事があるけれど、僕はあまり一般的でないモノを好んで買い、あまりメジャーでないアーティストが大好きで、人と違うことをよくしている。だけれど、それは意識したものではなく、単に好きなモノを追いかけていたら、結果として人と違うモノに囲まれていたということだったりする。

ここ最近、ちょっと時間があるとyahoo!自動車のユーザーレビューを読むのにハマってる。まぁ、素人のレビューなんて実際のところほとんどが何の役にも立たない代物なんですけど、あまりに見事にメーカーの「騙しテク」に嵌ってる人とか、数字も読めない人とか(AよりBの方が広い!偉い!ってBの方がずっとボディ大きかったり)、思い入れが先走って厨房化してる人とか(伝説の多い歴史の長い車に多いね。こんなのとか)、たまたまハズレを引いただけで、「この車最悪だ!騙されて買うな!」と意味なくネガティブキャンペーンやってる人とか、まぁ悪趣味だけれど笑えるんでw 息抜きには良いんですねぇ。

 で、よく「短所」のところに「売れすぎて同型車が町に多すぎる」とか、「長所」のところに「あまり同じ車を見かけないので優越感がある」という人が、結構いるんですね。人と違っていることに、価値なんて何もない。同様に、人と同じであることにも何の価値はない。そんなことが選択基準の一つにある事自体が信じられない。どう考えたって安い買い物じゃないのに。

 僕はパンダ乗ってるころ「町中のマーチがパンダになったって、何の気にもならない」と思っていたし、今だって日本中のプロボックスがカングーになったってカングー乗り続けるよ。

画像
イマイチ何が言いたいのか分かりません。次の方どうぞ。
(Olympus E-300 & Adobe Lightroom 1.0)


画像
雨の日は憂鬱ね。憂鬱って漢字、あなた書ける?ところでラーメン屋遠いわね。
(Softbank 705NK)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


幼稚園

2007/04/15 10:01
先日のことですけど、入園式があってリサが幼稚園児になりました。
今のところ、泣きもせず、楽しく幼稚園に行ってるようです。その辺は意外に鈍いというか、順応性があるというか・・・。

画像
Olympus E-300 & Adobe Lightroom 1.0
幼稚園でも一人で遊ぶリサ。大丈夫だろうか・・・


カメラ持ってったけどさ、入園式の写真なんて無理だねぇ。レンズもちょうど良いのがないし、どちらかといえば、スチルカメラよりムービーの方が良さげ。
ってか、親のほぼ全員がカメラやムービー構える異様な光景を前に、猛烈に写真を撮る気が失せてしまってw

入園式が終わった後は、中津川から来たばあばと一緒に近所の公園でお花見。
リサは入園式後、やや不機嫌だったけれど、たこ焼きで復活(笑)。

画像
Ricoh GR-Digital & Adobe Lightroom 1.0
初めてのタコせん

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


コドモ写真

2007/04/04 21:41
最近あまり更新してないですけど、写真撮ってない訳じゃないんです。でも撮った写真のほとんどが子供、というか娘リサの写真なんですよ。まぁ、親バカと言えばそれまでで、たまにはいいけど、そればっかりはどうかなぁ、とか思ってると更新面倒くさくなってしまったりしまうのです。

正直、昔はコドモ写真をバカにしてました。でも、楽しいよね。表情豊かでダイナミックに動く被写体を追いかけるというのは。

画像
Olympus E-300 & Adobe Lightroom β4
楽しそうに見えるけど、この直後から急にご機嫌斜めになって大変でした(笑)。


あ、ライトルームのβ版、今月で試用期間終わりだ。製品版買わないと・・・。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


リコール情報

2007/03/26 18:36
久しぶりのカングーネタがリコールなのも悲しいけれど。

http://www.renault.jp/carlife/recall_data/1388.html

イグニッションコイルの不良だそうです。
以前から、持病だと言われてた部分ですけどね。

後期型初代パンダも、イグニッションコイルが弱点だったっけ。
そういえば。パンダって全然リコール出てなかったな。
アクセルワイヤーにゴムが噛み込んで戻らなくなるトラブルとか、お約束トラブルの一つだったけど今思えば恐ろしい。死人出てなきゃいいけど・・・。

それはともかく、ウチのカンちゃんは絶好調。全くトラブルフリー。まだ走行3400kmだけれどね。

画像
Ricoh GR-Digital & Adobe Lightroom
もうすっかり春ですねぇ。


リサとケントはここのところ、若干風邪気味で、鼻水ダラダラ。
でも、食欲あるし元気だけどね。

画像
Olympus E-300 & Adobe Lightroom
皇室の人かお前は。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


E-410より...

2007/03/16 22:42
何故か欧州のみで販売されてた「OMサイズのデジ一」ことE-400の新型E-410がPMAにてオリンパスから発表されましたね。ついに国内販売のようです。今更なネタですが。

http://www.olympus-esystem.jp/products/e410/style/

やっとフォーサーズのメリット生かした、そしてオリンパスらしい超小型機が買えるのは、何はともあれメデタイ。E-510もスペックの割に小さくて、この2台は売れるんじゃない?E-300系がフェイドアウトしそうなのは寂しいけど、仕方ないでしょ、オーナーでもカッコ悪いと思うくらいだからして(笑)。

OMスキーな自分としては、かなりソソられるけど、考えてみたら別に必要でもないのだな。いくら小さいと言ってもシャツのポケットに入る訳じゃない。E-300だって、当時の最軽量級だから、持て余すほどデカイわけじゃない。
画質もオリンパス自身が「LiveMOSはフルフレームCCDと同等」と言ってるんだから、E-300に対して画素数以外さほどアドバンテージはないんでしょ。

残念なのは、この小型ボディに相応しい、小型単焦点標準レンズがまだないこと。
標準レンズならパナライカのズミルックス25mmF1.4が出たけど、幾らなんでもデカ過ぎ重すぎ高すぎ。E-300ならバランスいいのかもしれないけど、オレはここまでのモノは要りません。ヨドバシ価格で10万円て・・・。

往年のZuiko 50mmF1.8みたいな、「安い軽いよく写る」、そんな標準単焦点レンズを出してくれないかなぁ。質感は3535並、明るさもF2くらいで十分だよ。一応、計画にありそうな雰囲気はあるんだけどね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダメだ〜

2007/02/28 22:18
というのは、リサの口癖。親のヘタレDNAを見事に受け継いでやがる。Dai-changです。

で、何がダメなのかというと、先日久しぶりに一人で心置きなく撮影できるチャンスがあったのに、全くいい写真が撮れなかった自分です。京都まで行ったのにな。
は〜、やっぱりちゃんと鍛錬しないと腕落ちるねぇ。

撮影中もノリが悪くって、ネタ写真みたいなのに逃げてたよ。

画像

ビッグで壮大な夢を語りながら、逃げた女に未練タラタラ。
これが男ってものなのよね。実際のところ。

ちひろちゃんが戻ってくるといいね。藤井君ガンバレ!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


GR-Digital修理完了

2007/02/21 00:43
2ちゃんカングースレの無駄な荒れっぷりに感心。Dai-changです。
ある意味、語るほどの車でないことの証明でもあったりする。そういう所が好きなんだけど。

さてさて、GR-Dですが、先週末に何ともあっさりと帰ってきました。光学ユニット丸ごと交換なのに。よほど手慣れてる??
ちょっとあった片ボケが直ってて(これもGR-Dの持病ですな)、これはうれしいね。僕の撮り方だと、それほど影響は無かったけれど。

不満もあるのだけれど、やっぱりいいカメラだなぁと改めて思ったよ。あとはRAW撮影時にやたらと待たされるのを何とかしてほしいなぁ。

"Eyes"

Eyes
RICOH GR-Digital & Adobe Lightroom

ただでさえ目のデカいリサの目を広角効果で更にデカくしてみました(笑)。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本当のライカ

2007/02/15 22:35
親戚に僕の影響でクラシックカメラにハマってる子がいるんだけれど、その彼が最近買ったと見せてくれたのが、なんとライカ、それもバルナック。モデルは失念したけど、確かIIIf辺りの、後期型だったかと。

僕も恥ずかしながら(何故?)、ライカIIIcを持ってるけど、見た目からしてライカらしい硬質感が違うのに驚いた。自分の以外は写真かショーケース越しにしか見たこと無かったんだけど。

ダイヤル類のデザインがクラシックな僕のIIIcよりM型っぽいモダンな感じなのは置いておいても、なんか全体に漂うオーラが全然違う。並べたら僕のはロシアンなフェイクに見えるだろうと思うほど(確かにレンズはロシアンとコシレンのしか持ってないけどさ)。確かに僕のは歴代で最も人気のない、戦後すぐのシャークスキンモデル。きっと、メッキの質も素材そのものも全然別物なんだろうね。

フィルムが入っているとのことなんで、一枚だけ撮らせてもらったのだけど、これは止めておけばよかった。シャッターフィールもまるで違う。静か、滑らか、一分の隙もない機械が完璧に動くとこういう感じなのか。これこそライカ、伝説のカメラだなぁ、と感じ入った次第。比べると、僕のはフェドやゾルキーよりはマシだけどね〜、という感じ。

うーん、悔しい。でも、距離計は縦ズレしてたよ。僕のIIIcは完璧だもんね(笑)。

画像

つーか、何でもいいから使ってやらないとなぁ、IIIc。
最近、銀塩はPenSしか使ってないよ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


705NK雑感

2007/02/06 23:40
GR-Digital壊れたよ、てへ☆。Dai-changです。

って、久しぶりに旧ブラサタ日記の挨拶で始めちゃいましたが、GR壊れたのはガチです(涙)。鞄に入れてたら、勝手に電源入って無理矢理レンズを繰り出して壊れたようで。AFはジージー言うだけで全く動かず、電源切ってもレンズ戻りません。振るとカラカラと情けない音がします。保証期間中だからいいけど。

しかし、鞄の中はかなり余裕があったはずなんだけどなぁ。うーん、謎。

というのは本題じゃなくて、今日は買って半月ちょっと経ったSoftBank 705NKことNokia N73(ボディにも両方の名前が書いてある。ややこしいな)です。実はDai-chang、自他ともに認めるケータイ音痴で、今までほとんど「持ち運べるアドレス帳付き電話」としてしか使っておらず、メールも嫁への「これから帰る」メールだけの人だったんです(それもほぼ毎日同じ文面)。

ところが!705NKことN73(どっちやねん)に買い替えてからというもの、「帰る」メールは今日の出来事とかまで書いちゃうし(相変わらず相手は嫁だけなんですが)、仕事のスケジュールもスケジューラに入力して管理してるし、トップ画面はカスタマイズするし(ショートカット自由に選んで並べられる)、着うたも自作しちゃうしで(今は堀込高樹の「冬きたりなば」いい曲だね)、もちろんカメラとしても使ってるしで、なんだか別人のように使い倒してます。

機能的に見れば、今までの携帯になかったのは着うたくらいなんですけど、何とも言えず使いやすく、楽しいんだな。705NKの操作系の何がいいか、というと難しいんだけど、敢えて言えば「操作ロジックがほぼすべてにおいて一貫してる」ということかなぁ。一つの機能を使えるようになれば、あとはどの機能を使ってもそれほど戸惑わない。ちょうどMacOSのように。

今まで使ってきた国産ケータイって、どれも個々の機能の最適化を考えすぎているのか、機能によって操作ロジックがバラバラで、「なんだよ、こっちはこうするのかよ!」って何度もキレて結局使わなくなってた。逆に705NKことN73(しつこい)の操作系というのは回りくどい部分が無いこともないんだけどね。

日本のケータイ以外はみんなこうなのかな。きっとそうなんだろうな・・・。

あとはアンテナの受信感度がとてもいいとか、声が聞き取りやすい、といった基本性能もポイント高いです。

いいことだけじゃフェアじゃないんで悪い点も。
まず、時々挙動不審。一度、設定画面に入らないことがあった。実はmas君も同じの買ったらしいんだけど、よくフリーズするとのこと。
あと、個体差かもしれないけど、ナビゲーションキーと呼ばれるコントローラに節度感が無くて操作しにくい。横に動かすつもりが下に動いたり、うっかり押してしまったり。未だに慣れず、掛かってきた電話を切ってしまうことが多い(即座に自分から掛け直すから電話代が(笑))。
覚悟してたけど、ライトサンドっていうベージュのボディは汚れやすい。現場にも出る仕事だもんで、余計にね。

まぁ、何だかんだ言ってもお気に入りなわけで。これも何年も使っていけそうです。

"Winter Red"

Winter Red

茶色の世界で、いっそう鮮やかな赤。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6


続きを見る

トップへ

月別リンク

Bright Saturday/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる